黄色の錠剤と白い錠剤
  • ホーム
  • 緊急性の高い性病と潜伏性の性病

緊急性の高い性病と潜伏性の性病

主に性行為を通じて感染する病気を一般には性病として総称していますが、こうした性病の症状の現れ方としては、緊急性の高いものと、潜伏性のものとがあります。

性病としては代表的ともいえる淋病やクラミジアなどは、実はパートナーから感染したとしてもほとんど自覚される症状がないということも多いものです。
たしかに感染はしているため、他人に病気を移してしまう可能性がある状態ですが、症状として表面に現れていないものは潜伏性のものであり、血液検査の結果などから不意に感染が判明することも多いようです。

淋病の場合であれば、まだ排尿時のはげしい痛みや女性のおりものの増加などによって判明することがあります。
クラミジアの場合は、まったく症状がないか、ごくわずかな変調がみられる程度というのがほとんどで、これが性病のなくならない一因ともなっています。

潜伏性の性病の場合には、ジスロマックなどの抗生物質の処方を受けて、数週間程度服用して様子をみるというのが一般的で、原因となっている病原微生物が死滅するまで気長に服薬で対応する必要があります。
なかなか病院に行きづらいという人のためには、ジスロマックなどの抗生物質を海外から個人輸入することを代行するサイトなども近年ではみられるようになっています。

いっぽう、性病のなかには緊急性を要する場合も存在します。
目立った症状がないために放置して重症化したケースや、短時間で症状が悪化する急性のケースが該当します。
例としては、性器からの出血がみられたり、腹膜炎などで突然はげしい腹痛に襲われたりといった症状のものです。

こうした緊急性を要する場合には、ジスロマックなどの抗生物質をある程度の期間服用して治療するといった悠長な対応ではなく、ただちに手術が必要になったりすることもあります。
専門の病院にかかるのが一番といえます。

関連記事